EagleLand

2018.07.08

ピクサー流 創造するちから

ピクサー社のモノづくりにまつわる様々なストーリーを軸に、組織や人のマネジメントについて示唆している本。チームのクリエイティビティを維持するために必要だったこと・ディズニー社による買収劇の裏側・ジョブズのパーソナリティなどについて書かれている。紙にして 424 ページというボリュームで内容も濃く、読み応えがある。

ピクサー流 創造するちから

Ed Catmull (著)

Amy Wallace (著)

石原 薫 (翻訳)